精神科医師と患者について

精神科の医師と患者

精神科医の医師は相性で選ぶ

どの医者もそうですが、特に精神科医は自分との相性が重要になります。信頼関係ができないと個人的なことは話したくないですし、カウンセリングの回数が多くなってくると薬を処方してもらうために通院してしまうことになりかねないからです。特に個性や人格といったものよりも病名をつけたがる精神科医は多いので、特に重篤な症状でなくても病名をつけて薬を処方する場合があります。患者は医師を見極め、医師は患者のためを思った診察をすることが大切です。

医師,過程

身近な精神科医という医師

精神科の医師と聞くと、一歩引いてしまうことは、往々にしてあるものです。一方、最近では心の病がクローズアップされることも多くなり、通院する人も増えています。こうした事象は、社会におけるストレスが重くなったことと、うつなどの心の病が、正しく知られているようなったということが理由です。いずれにせよ、うつなどの症状を感じたのであれば、風邪と同じくらいの気持ちで、精神科を訪ねるべきです。現代において精神科の医師はそれほど身近な存在といえるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.