医師と患者の関係の重要性

医師の治療のために

医師と患者の信頼関係について

医師と患者には、常に信頼関係が存在していなければなりません。治療方針については、現在の状態、考えられる原因、本来の機能を回復させるための方法、アフターケアなどについて、お互いが理解し合った上で進めていくことが必要です。そのためにも、わかりやすい説明とそれに対する質疑を、自由な形でお互いが納得のいくまで取り交わします。この深い絆こそが、治療を成功に導き、早期回復を実現させる重要なポイントになります。

医師,過程

医師と患者の信頼関係が不可欠

病気治療をするに当たって大事なのは医療技術以上に、医師と患者の信頼関係が重要視されます。診察時に病気の説明や治療方針を一方的に伝えるのでは無く、治療を受ける側の心理を汲み取り心配事や気になる事はないかと気にかけ聞く姿勢は医療従事者に求められる事です。1日何十人という数の人を診るには多少は割り切った考えを持って診察に当たることになりますが、時には心に余裕を持って話を聞く・言うことをしてコミュニケーションを取る事は必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.