医師のボランティア参加

医師のボランティア

医師は積極的にボランティアへ

医師は勤務する医療機関だけで働く職業ではありません。時には災害地域や海外などへボランティアとして参加する人が多いです。このようにして日々世界中の命が救われ、明るい未来を作り出すことに尽力しています。ただ、普段でさえ医師は忙しいので、こうした活動によってさらに負担が増すのではないかという懸念があります。しかし、近年ではボランティア活動を行いやすくする機関や団体が増えたこともあり、世間の懸念はだんだんと小さくなりつつあります。

医師,過程

医師ができるボランティアは様々

1995年の阪神大震災をきっかけに、それまでは一般的でなかった「ボランティア活動の重要性」が、日本においても認知されるようになりました。ボランティアには様々な種類がありますが、医師の場合は、その専門性の高さから、災害にあった被災地をはじめ、社会貢献度の高い活動が可能です。医師が1年などの長期にわたって海外の途上国で外来診療や外科手術を行うものもあれば、小学校での心肺蘇生術の出前講習会や課外授業など、日常の診療をしながらでも参加できる社会奉仕活動もたくさんあります。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.