医師が考える患者の気持ち

医師にとって大切な事

患者の気持ちに寄り添う医師

医師に大切なことは、病気で苦しむ患者の気持ちに寄り添うことです。多くの患者は、自分の病気や怪我に対して不安な気持ちや心配を持っています。自分の病気はこれからどうなるんだろうか?本当に治るんだろうか?と思います。そんな時に、医師が不安な感情を読み取って気持ちに寄り添うなら不安は和らぎ、治療に対して前向きに取り組むことが出来ます、ぜひ、一人一人の命と健康を大切にして一緒に病気に取り組むようにしましょう。

医師,過程

医師と患者の信頼関係

医師と患者、そのどちらにとっても信頼し合える関係は重要です。当たり前過ぎることですが、お互いに信頼関係を築くために重要なものが、コミュニケーションです。具体的な治療が開始される前から、ある程度率直な話し合いの場を持つことで、お互いを知り、病気に対してより前向きな姿勢で向き合えるようになれるでしょう。それなりに重い病状であればなおさらです。現代の医療の現場では、医師は忙しすぎるのか、患者とのコミュニケーションが円滑に行われることが難しい場合が多いと思われます。そうした状況が改善されることを願ってやみません。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.