医師と子育ての両立を行う

医師としての子育て

医師という仕事と子育て

育児と医療、両者はともに完全な休息時間のない激務であるという点で似ています。そのためこれらを両立させるということは時間の配分を考えることに他なりません。最近では子育て支援の一環として、フレックス制度の導入を行っている病院もあります。病院は貴重な労力を有効に活用できますし、医師の側は短時間でも働くことでスキルが鈍るのを防ぐことができます。しかし、せっかくこのような制度を備えているのに周知の徹底がなされていない職場もあります。まずは職場の情報を調べたり、相談をしたりしてみましょう。

医師,過程

医師は子育ての経験を活かせる

「子育て経験を生かしてセーフティマネージャーをしてほしい」と、小学生の子どもをもつ女医さんが言われました。子どもを育てていく中で1番に気をつけたことは、安全でしょう。子どもを育てた経験のある医師の目で、医療現場でも安全を見つめて安全確保を図る事は重要課題です。また、今まではあまり気を配らなかった患者さんの保護者の気持ちなども、考えることができるようになりました。子どもを育てて初めて見えたことも多々あり、それは医療現場でも大切な事ばかりです。子どもを持ったという経験を、プラスにすることが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.