海外で医師として働く

医師が海外で働くには

海外で医師として活躍する

海外で医師として活躍したいと思ったら、どのような方法があるでしょうか。ひとつは、その国の免許を取得する方法です。大学で学んだり、研修医や研究医として8年間など、決められた期間、経験を積んだ後に、試験を受けて免許を取得しますが、国によっては、日本の免許をベースに、短期間で現地の免許取得が可能なところもあります。このほか、現地で日本人向けのクリニックに勤務して、日本人にのみ医療行為を行う方法や、ボランティアとして海外に派遣される方法、日本人大使館に医師として帯同する方法などがあります。

医師,過程

医師が海外で勤務したい場合

海外に出かけて医師として病気で苦しむ人の助けになりたいと思う場合、どんなことに気をつければよいでしょうか。それは自分の身体と健康に気を付けるということです。日本とは異なる習慣の中で生活するのは決して容易なことではありません。まして、貧しい国や衛生面でまだ未発達の国で医師として働くのはとても大変なことです。それで、日本で生活している時以上に患者に接する際には、自分の健康と身体に十分に気を付ける必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.