医師にとって重要な説明

医師がするべき説明

説明の上手な医師とは

患者側から医師に病状などの確認をした際、専門用語が多くてなかなか理解できない場合があります。説明の上手な医師は、普段あまり使わない言葉ではなく、日常生活で使う言葉を使って、素人が聞いても子供が聞いてもわかるように話をしてくれます。安心して治療に専念してもらったり、病状に対して理解を深めてもらうためには、説明がわかりやすいことが一番ではないでしょうか。わかりやすく教えてくれると、自分と向かい合ってくれていると感じることができ、患者さんが納得して治療を受けられると思います。

医師,過程

医師にとって必要な説明能力

医療訴訟など患者とトラブルになる原因の多くが、患者への説明不足です。医師自身はきちんと話をしているつもりであっても、それを受け取る患者が納得していなければ、トラブルの原因になります。かつては「医師の言うことは絶対」という雰囲気がありましたが、今や患者にも知る権利があり、その上で医療を選択できるという考え方になってきています。相手のことを思い、どのように納得して次に進むかが重要です。実際、医者がこうしたいと思っていても、受け入れる患者の協力がなければできないことも多いです。それだけ説明能力は大切なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.