内科の医師の仕事内容は

内科の医師の仕事

内科の医師とはの業務内容

内科の医師とは、医学における基礎となっている分野で仕事をしています。身体を診察し病気の診断、薬物を処方して治療をすることがメインになります。手術はしないのですが、カテーテル治療や内視鏡治療などを行うことがあります。医師は診察治療をする臓器や病気によって、いくつかの科に分かれています。一般、循環器、呼吸器、消火器、神経、腎臓、糖尿病、血液などの専門があります。その他にも心療、神経、精神などを扱う分野があり、心理や精神を対象にするなど多岐にわたっています。

医師,過程

内科の医師になるメリットは

内科の医師になるメリットは、まず沢山ある医師の分野の中でも需要が高く、どこの病院でも常に求人を出している為、仕事につきやすいという点があります。また開業もしやすいという点もメリットです。 また種類も様々あり、一般や呼吸器、消化器、神経や腎臓、血液等それぞれ専門に分かれているので外科と違ってつぶしが利くというのも大きなメリットです。治療方法も薬による治療だけでなく、カテーテルや内視鏡を使った外科に近い治療も行いますのでやりがいもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright ICと医師の責任に関して. All rights reserved.